読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#10 100本書いたら何か見えるのかな?

なんとなく思ったこととかを書いているだけのブログなのですが、この作業がなかなか楽しいです。

パッと思いついたことを忘れないうちに書くだけなんですけどね^^;

 

今は楽しいから書いているのですが、期限を決めて100本くらい書いたらまた違うものが見えてきたりするのかな?だとしたらちょっと楽しみかもしれないなぁ

 

よし、今年中に100本書く! この記事でちょうど10本目だから、あと90本!!

とりあえずやってみるか

#9 野球消えろとか思ってたけど、今はめっちゃ好きだよ! ファイターズおめでとう‼︎‼︎

 今さらですが、ファイターズリーグ優勝しましたね! おめでとうございます‼︎

家族でソーセージを堪能しました ありがとうファイターズ!

 

 そんなこと言ってますが、実は3、4年前くらいまでは野球がめっちゃ嫌いでした。

ありがちな理由ですが、好きな深夜の番組を録画したときに、野球の延長の影響で放送が中止になったり中途半端な状態になってしまったりということが多々あったからです。

 

 前は地上波で野球が放送されているのを見かけたら、すぐにチャンネルを変えて面白いバラエティ番組を見ていました。それか動画サイトを観たりしてゴールデンタイムを楽しんでいました。

 

 ですがあるときから、家の中で1番野球嫌いな母が野球を見て 全力で楽しんでいたんです。とにかく衝撃的でした。しかも次第に家族全体が野球にはまりだすという現象が起こり出したんです。私は、訳がわからなくて 置いてけぼりな気分になってしょぼくれておりました

 

 でも、こんなことでしょぼくれ続けても仕方ないので 気にしないでいたのですが、何故家族が野球にハマった理由が最近判明しました。 ものすごく単純なんですが、

 

“同じ時間帯にやってるバラエティ番組が面白くない”

 

 これだけです。改めて今のバラエティ番組を観てみると明らかでした。内容はどっかで見たことあるようなものを使いまわしてるだけだし、情報だってググればわかるようなものばかりだし、ものによっては動画サイトの動画をそのまま流しているだけ。その先にある展開がわかりきってるし、その予想を超えた展開がないまま終わる。そりゃ面白くないよ。 野球の方が何十倍もエンタメとして機能しています。

 

こんなマイナスな理由が発端ですが、今は野球(ファイターズ)めっちゃ好きだよ!

日本イチになって美味しいソーセージ食わせてくれ!

 

 

#8 食べることが好き! だと思ったけど…?

私は小さい頃から食べることが好きで、言葉通りめちゃくちゃ食べてました。

 

ご飯はおかわりするのは当たり前で、たくさん食べれば食べるほど褒められるし、毎食120%お腹がはちきれそうなほど食べてました。お菓子もバクバク当然食べるし、ラーメンのあとにはスープにご飯を入れてかっこみます(むしろこれがしたいためにラーメンを食べるくらい)

 

そんだけ食べてればそりゃ太ります。小学生の頃は1年で10キロ増えていたのでなかなかのもんだと思います。

 

ダイエットを始めてみて、この食生活を振り返って思ったのですが、

 

“本当に食べることが好きなんだろうか?”

 

この言葉が頭をよぎりました。改めて考えると、栄養に関する知識なんてないし、美味しいお店なんて知らないし、作ろうとも思わない…私が“食べる”という行為に求めていたことは、ただ満腹になることだけでした。

 

この発見をしてから、少しずつではありますが食べるときにこのことを考えるようになりました。そのおかげで余分な間食とか、おかわりはしないようになってきています。なかなかいい発見だったなと思います。

 

今度は、よく噛んで時間をかけて味わったり 自分で作るようにしてみようかなと思っています

 

 

本当に “好き” なの?

#7 エグスプロージョン(EDISON)を観て思ったこと ~LIVEっていいね~

8月の話なんですが、エグスプロージョン(EDISON)の仙台公演を観に行きました

何度か演劇を生で観るという経験はあったのですが、LIVEでしかもダンスを観るという経験はなかなかなかったのでとっても刺激的でした

 

 今回はエグスプロージョンの詳しい紹介ではなく、“LIVE”を観て思ったことを書きます

 

…本当に存在するんですね、芸能人って!!

 

 何ともアホなこと言ってますが、やっぱり生で観たときの感動ってすごいですよね

ずっと画面越しで見ていた人が目の前にいるんですよ! なかなかの幸福感です

 

 いつかはファンとしてではなくて、お仕事であえたらいいなぁ…なんていう願望があります。どんな形であれ、そんなお仕事がしたいなぁ…

 

 自分で企画して、呼んじゃえばいいのかな?クラウドファンディングで資金集めして、会場借りて、集客して…考えただけで楽しそう!

 

函館で見たいなぁ、エグスプロージョンのライブ…ツアーで北海道まで進出してないから難しいのかなぁ?

 

生で観たいよ!! エグスプロージョン!!

#6 学校ってどうやったら面白くなるんですかね?

 高校を卒業してから自分勝手に自由に勉強をしていると感じるのですが

 

 学校の勉強ってなんかつまんないな…

 こんなこというと基本的に怒られるんですが、つまんないものはつまんないっす

 

 私はパニック障害になってしまったということもあるのですが、とにかく1つの場所にい続けられるのがまぁ辛いです。人も多いし密度が高いし、発作になったらどうしようという不安で発作が出てしまうみたいなことも…それにいつ指名されるかわからないというプレッシャーでやられそうになることもありました

 

 そうなると学校という場は面白くありません。だからといって学校全体がそれを受け入れてくれるような空気を作るのは難しいものです

  だったら作るしかないのかなぁ?国に認可されるようなものはあ厳しくても、それらしいものだったら意外とできるのかしら?面白そう!

 

 例えば、インターネットを利用して学習コンテンツを動画やテキストを提供するなんていうのは結構簡単に出来そうです。私には何ができるのでしょうか?考える価値があるかと思います。

 インターネットがかなり発展してきた現代で、同じ場所に通い続けて勉強しなければならないということはないと思うんです。自分が好きなところで生活して勉強したり、仕事をしたりということが出来つつあります。ただ、あまり浸透していないのは単純に人の意識の問題なのではないのかと思います。今までにそういうものがなかったら受け入れられない…こういった感じでしょうか。

 

 でも、そんなこと言ってる間に技術がどんどん発展していって、人間がやっていたことをロボットが行い、労働しなくてもよくなってしまうときが来たらどうでしょう。その対価である、お金を稼げなくなってしまうかもしれない。そんな中で学校が楽しくないという理由だけで、勉強をおろそかにしてしまったら、ダイレクトに命に関わってくるのではないでしょうか?

 

 考えすぎかもしれませんが、そんな未来に備えるためにも 楽しく学ぶ環境づくりをしていきたいと思います。

 

 

 

 

#5 演劇がしたいけど演劇がキライ ~好きと嫌いの関係性~

 私は小学生の頃から舞台演劇に興味があって、実際に何度か舞台づくりをしたことがあります。その経験を通して何故かどんどん演劇アレルギーのようなものが出てくるようになりました。

 

演劇アレルギーとは

【お芝居を見ているとこっちが恥ずかしくなって見ていられなくなるような状態】

 

 私が勝手に定義づけしただけなんですが、お芝居を観ているとたまにこういうシーンに出会います。

 演者が中途半端に恥ずかしがったり、やたらめったら人生語っている風なセリフで決めてきたり、下ネタとか内輪ネタをいっぱい入れてたりなど…モノによっては席をはずしたくなるようなものもあります。

 

 せっかく楽しみにして行ったのに、こういう作品に出会ってしまうと途端に悲しくなります。それがたとえ知り合いだとしても、ちょっと距離をとりたくなります。

 私の独断と偏見ではありますが、そういう人たちは演劇がしたいのではなく、そのあとの飲み会をしたいだけなんじゃないかな? と思っています。

 

 それを目的にしてしまえば、当たり前ですが作品に飲み会したい気持ちが出てきます。それが私の演劇アレルギーの原因じゃないかと思います。

 

私は面白いものが観たいし、面白いものが創りたいです。

 

 

 

 

 

#4 依存と認識 ~断捨離してわかったこと~

つい先日、断捨離をしました。部屋にあった物をほとんど捨てて気分爽快です。売れそうな本とかも古本屋で売ったので良い小遣い稼ぎになりました。

 

その中でまた良い発見がありました。なかなか面白いもんです。

 

不思議なことに物を減らすと身体の負担が減るんですよ何となく頭もスッキリして回転も良くなります。こういう体験って実際にやってみないと得られないものだったりするような気がします。

 

 

改めて思うのが、物には何らかの意志があるんだなということです。

 

 物にはそれぞれ微細な信号みたいなものを発していて、人間は直接受け取れないけど無意識のうちに感じることができる。物は本来使われることで機能を発揮するので、使われない時間が長くなればなるほど存在を知らしめるために信号を強くする。

 

 でも人間はそれに直接は気がつかないから、ただ信号を受信するだけ。加えて物が増えて雑然とすれば、受け取る信号も相対的に増える。それが疲労やストレスを引き起こしてしまう。

 

 

かなりストーリーチックになってしまいましたが、実感としてこういう感覚があるので 全くもってない話ではないと思うんです。

 

物を買うことは自分に新たな力を与えてくれるようで強くなった気がしますが、

本当にあなたの力ですか?

 物に依存してなんとなく疲れていませんか?

もしそうなら試しに本当に必要な物以外捨てるというのは、案外アリだと思います。頭ではなく、行動によってできる発見や認識が確実にあります。それが直後にはなくとも、時間の経過と共にじわじわ来たりすることがあります。

 

断捨離オススメです。