読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#17 ヨーグルト断食に挑戦!

 どうも、ミヤマレイです

 

 実は、最近悩みがあって…しょうもないかもしれないけど、死活問題なんです

 

それは…

 

便秘!

 

 乙女の私がこんなことを、声を大にしていうのもお恥ずかしいのですが、とにかくお腹が痛い!! 毎日、爽快に過ごしたいんですよ!!

 

とにかく…

 

便秘から開放されたい!!!

 

 

 

 調べたところ、便秘の原因はおおまかに3つほどあって

 

  1. 食生活
  2. 睡眠不足、運動不足
  3. 精神的なストレス

 この3つが主のようです。私の場合は、睡眠時間は確保されているし、運動もちょこちょこやってるし、ストレスも特に思い当たらないので、原因は食生活なのではないのかなと思います

 

 思い返してみれば、朝は適当に済ますことが多かったし、昼はインスタントラーメンが多かったし、夜もガッツリ食べることがしばしば… それに程よい咀嚼がまだ習慣付いていないから、丸呑みに近いかも…こうやって振り返ると、かなり胃腸に負担をかけているようです。

 

 自分の胃腸にブラック労働を強いていたようですね…そんな過労の胃腸のために行うのが、ヨーグルト断食です♪

 

 〈ヨーグルト断食とは?〉

 1日だけ、3食をヨーグルトに置き換えるというプチ断食の一種です!固形物ではなく、ヨーグルトを摂取することにより腸内環境が整えられて、便秘の改善や、肌荒れの改善にも繋がるというものです♪

 

 ヨーグルトの種類は特に指定はなく、1回の食事に食べる量は約100gです。ですが、プロバイオティクス系のものが効果的だそうです。また食事の際にはさらに一緒に豆乳を飲むとより良いみたいです。加えて、食事以外で空腹になったら炭酸水を飲んでもOKだそうです。

 

注意点としては

  • あまり激しく運動などをせず、読書などをしてゆったり過ごすこと
  • 頭痛が出てきたら、蜂蜜や黒糖などで糖分を摂取すること
  • 具合が悪くなったら、中断すること

 

 このことを踏まえて、明日実践してみようと思います!うまくいけば2~3キロくらいの減量が見込めるそうです。詳しい体験レポートは、断食を終えたら書く予定なのでそちらもお楽しみにしていてください!

 

では、また!

 

 

 

 

 

 

 

#16 冬になると体調が悪くなる 〜全部天気のせいだ!〜

 私は高校2年生のとき(2014年)くらいから、冬になるとめちゃくちゃ体調が悪くなるようになりました。

 

具体的には

・頭痛

・軽い吐き気

・肋間神経痛(肋骨が痛くなる)

・車酔いみたく頭がぐわんぐわんする

 

といったものです。

 

 春になれば完治するのですが、寒くなってくるとこの症状が出てきます。

 

原因として考えられるのが

 

"気圧"です。

 

 昔から、天気が悪いと膝が痛むなんて言われてたりしましたけど、あながち間違っていないんです

 

 実際に気圧や天気の変化が体調に影響をもたらしているんです。このような現象を研究する分野を「生気象学」といって、ヨーロッパでは盛んだそうです。最近になって日本にもこの考え方が入ってきたようです。

 

 詳しいことは、若林理砂さんの「その痛みやめまい、お天気のせいです」(廣済堂)という本でかなり詳しく書かれているので、ぜひ一読していただきたいのです

 

 季節ごとに気をつけるポイントや、天気と体の関係性、天気に負けない体のづくりなどが細かく書いてあってなかなか読みごたえがあります

 

 私も、この本を参考にしながら体質改善に努めていて、一番酷かったときよりはだいぶ良くなっていますが、体質をまるっと改善しようとやはり時間をかけなければならないみたいです^_^;

 

 でも、この本のおかげでだいぶ救われてます。もっと天気や気圧と体の関係性がもっと浸透して、理解されていけばいいなと思います

 

その体調不良、お天気のせいかもしれないですよ〜‼︎

 

#15 自分に合った表現を見つけること。私は書いてものを言う。

こんにちは、ミヤマレイです。

 

私はいつからか会話が苦手だと感じることが多くありました。むしろ大勢の人の前で話すのは得意なんですが、会話となるとなんか辛いなぁと思う場面がよくありました。

 

この違いは何かなと考えたところ、事前に言葉をまとめて書いてあるかないかだけの違いなんじゃないかなと

 

なかなか単純でした

 

これからは喋るのやめてやろうかなと思ってます

#14 ブログ運営ってなんか面白そうだぞ

ブログ運営に関する本を買って読んで見たんですが、なかなか奥が深そうです…

 

なんとなく興味があったプログラミングも、種類が多くて何を勉強すればいいかわからなかったのですが、どうやらHTMLが良さそうです

 

完全に無知な状態ですが、楽しそうです♪

 

正直、自分には誇れるようなスキルが無いので、少しずつでも勉強して社会と関われるようなスキルを身に付けたいと思います!

 

頑張るぜ!

#13 パニック障害の発作が久々に出たのでまとめておく

どうも ミヤマレイです…  昨日は大変でした…

久々にビッグウェーブ(っという名の発作)がやってきましたよ… 

私、カナヅチなんで溺れに溺れました^^;   生きて岸にあがってこれてよかったです

 

そもそもパニック障害とはなんぞやという話なんですが、辞書を引いてみたところ

【突然はげしいめまいや動悸、息切れにおそわれ、その再発に不安感をいだく症状】

だそうです。今回の発作は、将来 社会に出るときにちゃんと適応できるのかという不安が引き金になって、芋ずる式に大きな不安感が出てきたという感じです。

 

パニック障害の原因は神経伝達物質のバランスが崩れて発症して、薬や心理療法で治せるものなんですが、治療には2〜3年かかると言われています。その人次第なんでしょうが、目に見えない心の不調の治療はなかなか難しいから、当然時間もかかるというわけなんですね。

 

今回はこういう専門的なこと云々は置いといて、自分にあった出来事を書きます

 

 

発作が本格的に出たのは、19時半から1時間程度。対処法は、とにかく暗い寝室で布団かぶって大音量のヒーリング音楽的なものをイヤホンで聞くというもの。これは何をしているかというと、脳に余計な刺激を送らないように外界と自分を遮断して回復を待つということです。とにかく安心できる状態を作ってやることが大切です。今回は家の中での発作だったからこういう対処ができたのですが、外だとまた話がちがうのですが、これはまた別の話。

 

久々の発作で正直驚いたのですが、振り返ると身体的な兆候があったので思いつくかぎりまとめておきます。

 

・神経痛がいつもは出ないところに出てくる(頭と首の境目、肋骨、アキレス腱など)

・胃に違和感、消化不良なかんじ

・光や音の刺激に敏感になる(室内のLEDを辛く感じるなど)

 

あまり気止めないようなささいな症状なんですが、脳にはなかなかのストレスだったみたいです。

 

 

その他に、布団のなかで感じたことがいくつかあったのでそれもまとめておきます

 

・人の声が自分を非難しているように感じる(明らかに錯覚だとわかっているんですが、脳はそう受け取ってしまうようです)

・たぶん理性も機能しているけど、正常に治すことに全力を捧げられるので一度寝っ転がったら動けなくなる

・そういえば食生活が乱れていたのかなとか思って、試しに夕飯を抜くことを考えたけど、母親の料理が食べられなくなると思って悲しくなって、しまいには号泣

 

思い出せる範囲ではこんなもんです。

 

なんかわけわからん感じになってますが、結局、治ったと思っても気を抜いて乱れた生活をしちゃダメだなぁ…と思いました(小並感)

 

無理せず、生きます

 

 

 

 

 

 

 

 

#12 来やがったな!! パニック障害の残りカスみたいなヤツめ!!!

私は高2の冬にパニック障害になって、わかったのが早かったおかげでほぼ症状が治まってます

 

 

だが、しかし!完治とまではいってない‼︎ 実際、今ヤバい‼︎

不安というかプレッシャーというか…とにかく心拍数が上がって冷や汗が出てる

ただ残念なことに顔に出ないから、周りからは心配されないでしょう

 

周りからリアルめに心配させると罪悪感が発生するためなかなか苦痛な状況になる…

回復してから心配されたいというワガママなやつです

 

今回の心配事は将来のお金の心配。 このままだったら自分はなんの市場価値がないまま大学卒業することになる…というもの。そのために武器になる知識をえなきゃ…

 

とりあえず今日はもう寝るよ‼︎ おやすみ!!!

♯11 小さな積み重ねで得たいもの

 私はかなりクヨクヨ悩むタイプの人間で、解決した嫌なことですらたまに思い出しては後悔してばかりです。

 新しいことを始めようとしても、過去の嫌なことを思い出しては一歩踏み出せないことが多いです。考えなければいいだけの話なんですが、マイナスな思考回路が染みついていて抜け出すのが難しくなっています。

 

 じゃあ、このマイナスパワーをうまく利用できないかと思うようにしてみました。それが書くという行為です。実は手書きでノートとかに書くということはやっていたりしていたのですが、いつ書いたものなのかわからなかったり、書いていた媒体をなくしたり、同じこと悩んだりしていました。

 

 これじゃよくないとので、ちゃんと残るものとしてブログを書いています。こういった些細な心の変化を記録して、自分がどのように変化していくのかがとても楽しみです。

 

 ブログを書くにあたって自分の中で一つルールがあって、それは“同じことで悩まない”というものです。

 

 一度悩んだものはできるだけ悩み切って出しちゃう。そしてアウトプットして、次に似たような状況になっても同じことで悩まないようにする。その積み重ねが自分にどんな変化をもたらしてくれるかわからないけど続けていこうと思います。