読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#18 伝えるって難しいね

 どうも、ミヤマレイです 今回は”伝える”ことの難しさのお話です

 

 私は小さいときから感情が顔に出ないタイプの子どもでした。自分では出しているつもりなんですが、周囲には伝わらないという状況が多くありました。なのでよく「何を考えているかよくわからない」といわれてきました。わかったところでなんだという話なんですが、これがなかなかのくせものでした。

 

 対外のことでは困らないのですが、緊急事態のときがやっかいで、辛いとか悲しいという感情が顔に出ないため大丈夫だと思われてしまって、基本的には放置されます。私も辛いんだけどな…と思うだけで、特にこちらからのアピールはせずに終了です。

 

 だからといって相手を逆恨みするということはないのですが、むしろ何故顔に表情が出るのかが不思議に感じられて悶々とするばかりです。

 

 

 改めて考えてみると1つ不安なことがあって、もしかしたら身近な人間にすら理解されてないんじゃないか? 

 そう考えるとなかなか辛いものがあります。大学に関しても、自分ではちゃんと説明したつもりだけど、ちゃんと伝わってなかったのかな?とか、パニック障害もただの甘えだと思われてるんじゃないかな?とか、考え始めたら止まらなくなります。

 

 顔に出なくたって心は悲しさとか、辛さは感じるんです。もちろんそれをただ無条件に理解してほしいとは思わないけど、近しい存在であればあるほどそう願ってしまうのが正直なところです。

 

 どうやって伝えればいいんだろう。どうやったら伝わるんだろう。今更どうやって話せばいいんだろう。私は話すより書くほうが得意だから書いたものを渡したいけど、相手が読むのが得意とも限らない。あんまり悲観的に考えずに口にさっさと出してしまえばいいんだろうけど、その一言が言えない…

 

伝えるって難しいね